PROFILE

事業部長メッセージ

TOP > PROFILE > 事業部長メッセージ

躊躇せず挑戦できる環境で、やりたいことに挑戦してもらいたい。

 

「何事にも躊躇をしないで挑戦するベンチャースピリット」。
2013年に人材サービス業界の大手企業から当社へ転職してきた私が、転職前に感じていた当社への印象です。そしてそれは入社後、私の持っていたイメージは間違っていなかった、という確信へと変わりました。
例えば、これまで取り組んだことのなかった分野のソフトウェア開発や動画コンテンツ制作に対しても、若い人たちが中心になってチャレンジしている。それはまるで社内ベンチャーのようで頼もしくもあり、また長く大手企業に籍を置いて、新しいことへの挑戦に対してマイナス要素やネガティブ要素を先に考えてしまい、一歩を踏み出せなくなってきた私からすると、とても羨ましくも思えます。
 

躊躇しないからこそ成長してきた、と思う。

「何事にも躊躇せず挑戦する」姿勢があったから、現在に至る当社の成長は成し遂げられた。私には、そう思えてなりません。私が当社を知った頃はまだ企業規模は小さかったですが、それが今では東証一部上場企業のグループ会社の中核として、存在感を発揮している。そんな当社には社内から新規事業を創出するための起業家人材育成プログラム「WIP(Will Intorepreneur Program)」やチャレンジ文化醸成のための社内公募制度「チャレンジ公募」、社員表彰制度で表彰を受けた社員が獲得する自分のやりたい仕事を社長に直談判できる権利「直談判」といった、チャレンジを促す各種制度があります。そんな社内風土がある当社において、2014年からスタートした新規事業が、私が事業部長を務める「システムインテグレーション(SI)事業部」です。
 

「システムインテグレーション(SI)事業部」とは、ネットワーク・サーバといったITインフラの設計・構築やソフトウェア・アプリケーション・システムの開発といったプロジェクトを最上流工程から手がけるエンジニアたちで構成された事業部門です。全国の400社以上を数える主要取引先を持ち、パートナー(協力会社)を活用しない自社プロパー100%による事業展開を進めているため、お客様から上流工程をお任せいただく機会が多数あります。つまり当社で働くエンジニアにとっては、これまで経験したものよりもワンランク上の工程を手がけるチャンスが多く、自らの成長を促せる環境が整っている、ということ。あなたにもぜひ、「躊躇せず挑戦する」姿勢で仕事に臨んでいただきたい、と思っています。
 

「セントメディアらしさ」を、忘れない。

2018年に行われた「SI事業部」キックオフでは、具体的なビジョンとして「2030年 100億円」と掲げています。そのために必要なのは、当社の経営理念の中でもうたう「各事業領域においてのカテゴリー特化・インストアシェアNo.1」を実現することと考えます。ではその実現に向けてなすべきことは何かと言えば、失敗してもいいからチャレンジをし続けるという「セントメディアらしさ」を忘れず、大切にしていくことではないでしょうか。当社の中ではまだ新規事業に分類される「SI事業部」を、ともに大きく育てていく挑戦ができる仲間たちにたくさん出会いたい。そう願っています。

 

藤村五博 |システムインテグレーション事業部 事業部長
大手人材サービス企業に18年勤務し、人材派遣ビジネスや情報システム部門のアウトソーシングサービス、WEBサイト制作、システム受託開発など多様な事業に携わる。2013年8月にセントメディア入社、現職に就任。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加